• 部分用ファンデーション
  • コンシーラー

DTカモフラージュコンシーラー

お悩み別のコントロールカラーをプラス!

治療による傷の色味は、日々変化していきます。単色のコンシーラーでは、変化する傷の色味に合わせてカバーすることは難しいのですが、DTカモフラージュコンシーラーは6色あり、傷の状態に合わせてご自身で調整してお使いいただくことができます。
使い方も簡単です。まずはカバーしたい部分の色に合わせて、カモフラージュカラー(01、02)を選び、少量ずつ付けます。次に、肌の色に合わせてスキンカラー(03、04、05)を選び、少量ずつ重ねます。
最後に、ハイライトカラー(H)で調節します。このように、3色を重ね塗りすることで、より自然にカバーしていただくことができます。
重ね塗りで自分に合った色を作ってみましょう。

※レーザー治療後は、表皮化した後にお使いください。(開放創にはお使いいただけません)

2.7g(6色)
オープン価格

無香料・防腐剤無添加・合成色素不使用・無鉱物油・紫外線吸収剤不使用・アルコールフリー・パッチテスト済み※1

DTカモフラージュコンシーラー

注目のポリグルコサミン誘導体

傷の色味をカバーするだけでなく、傷痕の修復を助けます。
人工皮膚にも使用されている成分で、肌への刺激を抑えることができます。術後の肌にも安心してご使用いただけます。

少量でもしっかりカバー

しっとりしたテクスチャーで、高いカバー力があります。
カバーしたい場所に直接付けるのではなく、手の甲に一度とってから、少しずつ付けていただくと、きれいに仕上がります。また、塗布後にティッシュオフすると、より自然な仕上がりになりやすくなります!

とにかく使用方法が簡単

重ね塗りと聞くと、色味の調整が難しそうと思われるかもしれません。でも、DTカモフラージュコンシーラーなら、カバーしたい色味に少しずつ足していくだけなので、どなたでも簡単にご使用いただけます。

注入治療後・シミ・かさぶた・色素沈着を隠したい時
カモフラージュカラー(01)→スキンカラー(03~05)の中で肌に合う色→H(ハイカラー)
にきび・にきび跡の赤みをカバーしたい時
カモフラージュカラー(02)→スキンカラー(03~05)の中で肌に合う色→H(ハイカラー)

こんな時におすすめ

  • レーザー後のかさぶたや色素沈着に
  • 注入後の内出血に
  • にきびの赤みに

使用方法

カバーしたい部位の色に合わせてカモフラージュカラー(01、02)を選び、少量ずつ薄くつけていきます。

肌の色に合うスキンカラー(03、04、05)を選び、少量ずつ重ねてなじませます

ハイライトカラー(H)で調整します。

※顔以外にボディ※2にもご使用いただけます。

使用上の注意

チップは外付けとなっておりますので、保管の際はご注意ください。

成分について

トリエチルヘキサノイン、ヘキサ(ヒドロキシステアリン酸/ステアリン酸/ロジン酸)ジペンタエリスリチル、ジメチコン、マイクロクリスタリンワックス、(ビニルジメチコン/メチコンシルセスキオキサン)クロスポリマー、セレシン、ポリエチレン、ジフェニルシロキシフェニルトリメチコン、セスキオレイン酸ソルビタン、(アクリレーツ/アクリル酸エチルヘキシル/メタクリル酸ジメチコン)コポリマー、ジメチルシリル化シリカ、ラウリルポリグリセリル-3ポリジメチルシロキシエチルジメチコン、グリチルレチン酸ステアリル、キトサンステアラミドヒドロキシプロピルスルホン酸Na、水、BG、酢酸トコフェロール、トコフェロール、[+/-]酸化チタン、リンゴ酸ジイソステアリル、酸化鉄、水酸化Al